「ホントに歩く東海道」をもとに「しっかり歩く佐屋街道」 その2

先日、悪天候に阻まれ弥富のふたつやの渡しで中止せざるを得なかった、佐屋から桑名へ渡る三里の渡しルート歩きに行ってきました。
f0307787_17540042.jpg
今回は、この地図のA地点弥富から赤で表した線に沿って、E地点の桑名まで歩きました(青い線が私が想定した三里の渡しルートです)

弥富の前ヶ須に設けられていたふたつやの渡しは現在碑が設置されている場所ではなく、目の前を流れる筏川を越えた先にあったそうです。
筏川は木曽三川で運ばれてきた木材を組みなおした筏を名古屋へ運ぶために利用された川です。
f0307787_13334517.jpg
f0307787_13340302.jpg

木曽川を渡った後は木曽川沿いに輪中と輪中の間を流れ、三里の渡し航路となっていた加路戸川の跡(C地点)を目指します。

堤防の上を歩きながら景色を眺めると、水田の中に高台を築き建てられた家屋がありました。
関東地方の水害に悩まされた地方にもこのような家の建て方を見ることができますが、これが水害から家を守る生活の知恵だったのでしょう。
f0307787_13344762.jpg


と、そこで C地点から川跡をたどるのではなく、さらに南の B地点にある「七里の渡し碑」を見に行くことにしました。
宮~桑名間を結ぶ七里の渡しは天候や潮の加減でいくつかのルートがあり、その一つである「中廻り」ルートがこの碑の近くを通りここにほかの輪中とを結ぶ渡しの渡し場があったのです。
今ではすっかり埋め立てられて、想像もつきませんでした。
f0307787_13350556.jpg
さて、加路戸川の跡まで戻って、先に進みます。
少し歩くと水路が現れ、水路伝いにくねくねとした道が続きます。
f0307787_13352123.jpg
f0307787_13354112.jpg
このくねくねした道は周囲より高いので、かつての堤防だったのかもしれません。

加路戸川は鰻江川に繋がり、もう少しで長良川に出るというところで見つけたのが、道標?航路標?です。
f0307787_13355915.jpg
刻まれた文章から考えるに、三里の渡し航路を示すために設置されたようです。
昭和初期に設置されたとのことなのですが、見るからに新しく再建されたのかもしれません。

長良川へ出て対岸を眺めると、桑名の渡し場が見えます。
渡し舟は下流側へ中州を避けて桑名へ至ったのですが、橋がないので迂回せざるを得ません。

目の前に目立つのが時代を先取りし過ぎたかのようなフォルムに特徴のある、長良川河口堰です。
f0307787_13361981.jpg
f0307787_13364910.jpg
f0307787_13370358.jpg
この河口堰、上を歩いて渡ることができるのです。
もう三里の渡し航路から外れて迂回ルートですし、ここを渡らないとさらに上流に架かる伊勢大橋まで行かなければなりません。
河口堰を渡った後は長良川と揖斐川の間の中州から、橋の途中にあるという珍しい信号付きの交差点から伊勢大橋に出て、桑名川に渡りました。

ここまで来ればゴールまでもう少し、揖斐川沿いを歩いて桑名の渡し場へ到達しました。
f0307787_13372168.jpg
これで、宮(熱田)から歩き始めた桑名までの佐屋街道(+三里の渡し)踏破です。

えっ、今回は風人社さんの「ホントに歩く~」とは関係ないって?
そんなことはないんですよ、「ホントに歩く~」が佐屋街道を歩くために渡しの背をど~んと押してくれたのは間違いないことなんですから。

実は佐屋街道歩きのシリーズはもう1回続くんですよ。
お楽しみに(^^;


追記
お母さんに怒られて慌てたのか、裸足の飛び出し坊やがいました。
f0307787_16373764.jpg
皆さまは何があっても道路に飛び出さないでくださいね(^^)v

[PR]
by marunino_notenki | 2016-05-01 15:07 | 自由研究 | Comments(0)

趣味の川歩き、街道歩きで感じたことをボチボチと


by まるにの