スタ大地図を便利にみられるHPありましたヽ(^o^)丿 ~ ひなたGISの紹介 ~

前回の 国土地理院へ行ってきましたよ(^^;という記事でスタンフォード大学が公開している大正~昭和初期の日本の地形図を紹介させていただきました。

スタンフォード大学HPの「JAPANESE IMPERIAL MAPS」内に
1/50,000地図
1/25,000地図
などが収蔵されています。

ただ、スタ大のサイトを利用する場合該当する地図を探してダウンロードする必要があり、私が利用するときはPCで合成したり加工する手間が必要でした。

一方、地理院地図(電子国土Web)今昔マップ on the webPCソフトの カシミール3Dなどでは迅速測図や国土地理院の旧版地図、航空写真などのいろいろな地図、写真を現在の地形図などに重ね合わせて表示することができます。

スタ大の地図もこのような使い方ができると便利なんだけどなぁと思っていましたら、
ありましたっ!

地理院地図(電子国土Web)や今昔マップのような統合型地理情報システムで、ひなたGISといいます。

ひなたGISのリンクがこちらになります。

日本全国どこへでも移動できるし、他の地図と合成表示できてとても便利です。


私は ひなたGIS の作成、運営とは全く関係ない一利用者ですが、便利さに感激したので紹介させていただきました。


※追記
国土地理院では行政機関向けに旧版地図を見られるアカウントを発行しているらしいのですが、我々一般にも開放してくれないかしらん。




[PR]
by marunino_notenki | 2018-05-30 10:14 | 自由研究 | Comments(0)

趣味の川歩き、街道歩きで感じたことをボチボチと


by まるにの